へき地医療拠点病院 身延町早川町組合立 飯富病院│山梨県│南巨摩郡│身延町│医療全般

  • へき地医療拠点病院としての使命を胸に。
qrcode.png
http://iitomi.jp/
モバイル版はこちら!!
バーコードリーダーで読み取り
モバイルサイトにアクセス!

へき地医療拠点病院
身延町早川町組合立飯富病院

〒409-3423
山梨県南巨摩郡身延町飯富1628
TEL.0556-42-2322
FAX.0556-42-3481

―――――――――――――――
・内科
・外科
・整形外科
・眼科
・耳鼻咽喉科
・精神科
・皮膚科
・リハビリテーション科
・放射線科
・肝臓専門外来
・禁煙外来

―――――――――――――――

 
01057606
 
 

トピックス

トピックス
3
 
朝比奈利明院長が地域医療貢献激励賞を受賞いたしました
2014-03-31

 第7回地域医療貢献激励賞の受賞者が発表され、今回、山梨県で初めて朝比奈利明院長が受賞いたしました。

 この賞は、永年に亘り、地域における医療の確保と向上及び住民の健康福祉の増進に著しい寄与・貢献があるとして、都道府県から推薦のある医師。なお、自治医科大学出身者については、同大学を卒業し、義務年限を終了した後も、離島、過疎地域、山村地域、特別豪雪地域に位置する医療機関、又は地域医療を支援する部門(地域医療行政、へき地医療支援機構、へき地医療拠点病院等)において通算5年以上勤務し、且つ、現在も地域医療に多大なる貢献をしている満40歳以上の医師、が選考対象とされています。
 朝比奈利明院長は、昭和62年6月より飯富病院内科医として勤務、以来26年間地域医療に従事し、外来診療、病棟業務のみならず、出張診療、往診と昼夜問わず一貫して精力的に実施し、在宅医療、へき地医療の充実を図ってきました。平成8年4月に副院長に就任、平成22年4月には院長に就任し、へき地医療拠点病院の先頭に立ち、地域包括医療、ケア実現に取り組んでいます。
 地域の皆さんが、飯富病院がこの地にあることを誇りに思うような病院を目指し、今後も継続、発展させていけるよう邁進いたします。
 
防災訓練を実施いたしました
2013-10-21


平成25年10月19日(土曜日)

 夜間の火災発生を想定し、職員約40名がチームに分かれ、車椅子使用者や寝たきり、点滴中、骨折をしている患者など、入院患者・ケアホーム利用者の避難誘導、搬出訓練をいたしました。
(入院患者・ケアホーム利用者は想定のもとに職員が行いました)
 また、消火器による消火訓練・ケアホームに設置されている脱出シューターを使い、実際に訓練を行いました。
職員の意識向上を図り、災害発生時、スムーズな対応がとれるよう、毎年訓練していきたいと思います。

 

 
いいとみだよりvol,7 を発行いたしました
2013-09-01

いいとみだよりvol,7 を発行いたしました。

6月よりさらに充実した外来診療担当一覧や、人工透析について
掲載していますので、是非ご覧ください。
 
いいとみだよりVol,6 を発行いたしました
2013-06-01

いいとみだよりVol,6を発行いたしました。

4月から導入したオーダリングシステムや、外来・各診療所診療担当一覧など、
掲載していますので、是非ご覧ください。
 
山梨県内で初導入!〜眼科の患者さんへ〜
2012-10-01

 飯富病院では、以下の眼科検査機器を導入し患者さんの眼科診察に役立てます。

 マルチカラーレーザー光凝固装置 ビズラスTRION
 眼底カメラ
 オートレフケラト/トノメーター
 ハンフリー視野計

黄班疾患や、糖尿病網膜症などの手術に使用する最先端のマルチレーザー装置を導入いたしました。

従来のレーザー手術から、最先端のレーザー手術へ!
 
飯富病院医師住宅の起工式が挙行されました。
2012-09-21

平成24年9月21日
飯富病院医師住宅の起工式が挙行されました。

飯富病院は、開設以来24時間365日へき地の医療を守るため、常勤医師用に病院から歩いて5分の所に医師住宅を建設し、家族で住んでもらっています。新築を繰り返し現在に至っていますが、現在、常勤医師7名に対し医師住宅は6棟です。今回、平成元年に建設した医師住宅に住む医師の家族構成の変化により、居住スペースや駐車場スペースが手狭になってきました。このため、医師住宅を新築し、生活環境の改善を図りたいと思います。へき地医療、災害時医療確保のため、医師の流出は防がねばなりません。現在、老朽化が進む手狭になっている医師住宅は、改修を加え、今後の医師確保対策の態勢を整えたいと思います。

 
【 工事概要 】
 
1) 工事名称        
身延町早川町組合立飯富病院 医師住宅新築事業

2) 工事場所        
南巨摩郡身延町飯富

3) 工期           
自 平成24年9月2日
至 平成24年12月31日

4) 発注者         
身延町早川町国民健康保険病院一部事務組合                  
一部事務組合長  辻 一幸  殿

5) 設計・監理者      
(株)佐野建築研究所                
東京都渋谷区代々木2-27-15     03-3370-0375

6) 施工者         
吉高工業株式会社                
南巨摩郡早川町高住519       0556-45-2071

7) 建物用途        
医師住宅

8) 構造規模        
木造2階建                 
建築面積  103.38                 
延床面積  173.67

 
【 式典概要 】
 
1) 式典名          
身延町早川町組合立飯富病院医師住宅新築事業 安全祈願祭

2) 挙行日時        
平成24年9月21日(金)                  
午前10時00分 開式

3) 式典方法        
神式

4) 斎主           
前山梨県神社丁 副庁長                                            
若宮八幡神社 宮司 望月 久男 
 
防災訓練を実施いたしました
2012-09-08

平成24年9月8日(土曜日)

今回の訓練は、職員約60名が参加し、
院内火災発生時における具体的な訓練内容を示す目的といたしました。
4班に分かれ、ガス・酸素・貯水槽などの確認をし、
それぞれ、避難誘導を行い、災害倉庫の物品確認等を行いました。

 飯富病院・峡南ケアホームいいとみでは
職員の誰もが、災害発生時にスムーズな対応がとれるよう、
毎年繰り返し訓練を行っています。
今後も緊迫感を持ち、有事のときに皆さんのお役に立てるよう、訓練していきたいと思います。
 
治療食の配食サービスを開始いたしました
2012-06-20

当院、栄養給食科では、3月1日より治療食の配食サービスを開始いたしました。

詳しくは こちら!
 
各部署からのご案内 を更新いたしました
2012-05-29


リハビリテーション科よりご案内です。

こちらをご覧ください。

 
求人情報 を更新いたしました
2012-05-29

求人情報  在職中の看護師よりメッセージを掲載いたしました。

是非 こちら をご覧ください。
3
<<身延町早川町組合立 飯富病院>> 〒409-3423 山梨県南巨摩郡身延町飯富1628 TEL:0556-42-2322 FAX:0556-42-3481